パチンコ依存症の治療法

パチンコ依存症の治療法を徹底解説。家族や育児、借金の問題から脱却するための方法、体験談、業界事情などを紹介しています。

  

パチンコで数万円も損するのは終わりにしましょう
パチンコ依存症の正しい病名は病的賭博です

パチンコ依存症の深刻度チェック

あなたがパチンコに依存している深刻度を診断します。下記の10問の回答結果の組み合わせにより、診断内容が異なります。

  1    パチンコが頭から離れられないことが多い。
はい  いいえ

  2    儲かる金額が大きくないと満足できない。
はい  いいえ

  3    パチンコをしなくなるとは考えられない。
はい  いいえ

  4    パチンコしたくてもできないときにイライラする。
はい  いいえ

  5    嫌な問題や気分が悪いときにパチンコをする。
はい  いいえ

  6    パチンコで損した分はパチンコで取り返そうする。
はい  いいえ

  7    パチンコをしているのにしていないと嘘を付く。
はい  いいえ

  8    パチンコのために約束を破ったり、予定をずらしたりする。
はい  いいえ

  9    パチンコに使うお金を工面するために違法行為に走る。
はい  いいえ

  10    パチンコでお金をなくし、自分の収入以外のお金に手を出す。
はい  いいえ

あなたのパチンコ依存症の深刻度は  %です。パチンコ依存症の深刻度が45%以下の方は、比較的に楽に抜け出せる可能性があります。80%を超えた場合には専門医への相談をおすすめします。

特に質問10の「パチンコでお金をなくし、自分の収入以外のお金に手を出す」は、あなた自身の人生を不幸にする恐れがあります。

専門医なしでも自分で何とかできると感じるのであれば、まずは当サイト「パチンコ依存症の治療法」で知識をつけましょう。簡単にパチンコから抜け出せる方もいますし、なかなかやめられない方も多いです。

ただ、我慢したけれどやってしまっている最中でも、勉強した知識があなたを制御し始めます。

「間違いなく、お金も時間も損をしている」と気付き始め、急激にパチンコが面白くなくなっていきます。自然と離脱する、重い負担をかけない治療を目指しましょう。

「パチンコしません」宣言バナー

  あなたのブログやホームページで「パチンコしません」宣言をしませんか。
  下記のソースを貼り付けると画像が表示されます。

画像 パチンコしません
ソース <a href="http://www.pachinko-d.com/"><img src="http://www.pachinko-d.com/img/banner.jpg" alt="パチンコしません" border="0" /></a>

パチンコは必ずお店が儲かる仕組みです。勝てる確率は約1/20であり、私たちがその隙間にお金を差し出しています。お金をドブに捨てる勿体ない行為を認識し、害のあるパチンコをやめる決意を固めましょう。

パチンコ依存症をしっかり克服

「とにかくパチンコをやめたいがやめられない…」
「やめるにはまず何をしたらいいのかがわからない」
「パチンコで儲かることはできないの?友人は稼いでいると言っている」
「これ以上損はしたくないが、パチンコはどのくらいの確率で負けるのか?」
「パチンコ依存症は精神科を受診すればいいの?」

パチンコ依存症をしっかり克服パチンコをやめたい人からはこのような質問が多く来ます。専門医を訪ねると説明を受けることができ、症状に合った情報を得ることがでしょう。

ただ、タバコやお酒と同じように、自分でパチンコをやめると意識できないと成功しません。

自然とやめることができないパチンコ依存症は中毒に似ています。そのためにもパチンコ依存症の知識を増やす必要があります。依存症とは精神が脳に変化をもたらす状態で、健康診断を受けても何も異常は見られません。

パチンコは合法な遊戯であり、大人の息抜きであれば問題はなく、パチンコ店にも罪はありません。人気の芸能人、懐かしいアニメ、最新の技術を取り入れたパチンコは、私も何度もやったことがあるので楽しさはわかります。

パチンコは日本独特の遊戯であり、その魅力には世界中にファンがいるくらいです。Microsoftの創始者であるビル・ゲイツの自宅にも日本のパチンコ台があります。

ドラッグや闇金と違い、存在そのものが問題となっているわけではないのです。問題となっているのは私たち消費者自身です。

遊戯する側が節度をわきまえずにお金を使い、生活を省みずにパチンコに没頭することが問題です。もし、没頭するほどの趣味を持っていたり、かなり仕事が忙しかったり、休日には副業をしていたら、パチンコはしないでしょう。

貴重なお金を浪費するだけではなく、取り戻せない時間をパチンコに費やす行為そのものが、人生をつまらない方向に導いています。

どうして自分がパチンコにのめり込んでいるのかを理解しながら、少しずつやめていくのがベストです。最終的にパチンコをやめることは誰にでもできることであり、決して不可能なことではありません。

パチンコ産業が盛んな韓国でさえ、2006年にパチンコ店を全面撤廃することに成功しました。確率論としてもパチンコは絶対に負けるゲームです。「パチンコを副業にしている」という人は嘘です。

当サイト「パチンコ依存症の治療法」がパチンコ依存症に関して、不安をお持ちの方の解決材料になれることを願っております。